学んだ事

 プライベートヒーリングサロンasleepです

 

夏の疲れが出てきている事に加えて

最近、朝晩が寒くなってきた事もあり

首や肩こり、腰痛、脚のだるさが出てきている方々が

見受けられます。

私もその1人です。

ず〜〜っと体調良好でしたが珍しく

腰痛と股関節痛が出てきて、「これはマズイ」と思い

即、マッサージを受けてきました。

そこで、学んだ事「梨状筋症候群」についてもう少し詳しく調べて見ました。

Rijokin 真夏の冷え症はお尻の梨状筋に原因があった!その3つの対策法

梨状筋は仙骨から大腿骨に繋がっていています。


この梨状筋の下には坐骨神経が通っており

梨状筋が硬くなるとその坐骨神経を圧迫して、

脚にしびれや痛みを生じることがあります。

これを梨状筋症候群と言います。


痛み方の特徴は梨状筋から坐骨神経のラインに

沿って痛みやしびれを感じ、臀部から大腿側面から

足先まで広がる事もあります。

梨状筋が付着する骨盤の矯正と股関節の位置を整える、

臀部を中心とした筋肉調整を施すことで梨状筋の過緊張を

緩め圧迫が緩和され症状改善に繋がります。

  
同時に梨状筋のストレッチを普段から行う事も

大切です。

なるほど・なるほど・・・・・

今回、自分の体のケアーで行ったマッサージで

体もかなり回復しましたが

これは、今後のasleepケアーでも生かせる

ヒントが沢山頂け収穫でした。

今回は腰痛に関してですが

asleepでのケアーとしては

冷えて硬くなっている梨状筋をラジオ波でしっかりと温めてから

臀部の筋肉から太もも、ひざ裏外側そして外腹斜筋をしっかりほぐす事を入れていきます。

そしてご自宅でも出来るストレッチをご指導させて頂きます。

むしろ、患部よりもこの部分がいかに大切なアプローチである事を

体得しました。

普段のケアーよりも、もうワンランクアップの内容になるかと思います。

腰痛や脚のだるさなどある方は

どうぞ、お試し下さいませ。