旅立ち

プライベートヒーリングサロンasleepです

 

昨日、ついに息子がNYに向かって旅たちました

お互い、全然実感湧かず、出発の直前まで私は息子に

小言を言い続け息子は息子で「うるさいなぁ〜」といいながら

あ〜、最後の時まで、何でこうなるのなんて思いながら

搭乗のチェックインまできました。

そして、いよいよ、お別れの時

つい、さっきまで あんなにあっさりとしていたのに

一気に涙が溢れ出し、

同じく、息子も泣いていました。

お見送りにきてくれた

おじいちゃん、おばあちゃん妹とその子供達に

一人ひとりハグして泣きながら握手でのお別れでした。

息子の涙、かれこれ6年ぶりに見ました。

精神的に強くてめったな事では

悲しい顔やくじけたりしないカレでしたが

さすが、に昨日は違いました。

たった、1年なんですが、

私と息子にとっては初めてのしばしのお別れで、

今、自分の元を巣立って名前の通り(翔太郎)

羽ばたいていく事が嬉しくもありますが、

やっぱり、理屈抜きで淋しい。まだ、今は。

お別れ際に渡された紙の束。

仲の良い友人達へ、おじいちゃんおばあちゃん宛

妹家族宛、お父さん宛、そして私宛の写真付のお手紙でした。

「そっかぁ、前日の夜、早く寝なさい!」と何度も言ったのに

結局明け方までかかってパソコンでやっていたのは

これらのお手紙を作っていたのですね。

またまた、涙がこみ上げてきてしまいました。

 

寂しいお別れはここまでで、

息子は、もう自分の夢と目標に向かい進んでいます。

私も、メソメソといつまでもしていられません

1年後帰った時に息子に負けないように

成長していなくては・・・・・

 

でも・・・・・

やっぱり、しばらく気持ちが落ち着くまでは

センチになってしまうかもしれませんが・・・・・

 

やっと、今頃NYに無事到着した頃かな

長旅、お疲れ様でした。

今日は、しっかり休んで

翌日は、時差ぼけと戦うかも知れませんが

NYライフ思いっきりエンジョイして来てね